PROFESSIONAL SHOOTO JAPAN
PROFESSIONAL SHOOTO ORIGINAL OFFICIAL WEB SITE
修斗とは? プロフィール ランキング アマチュア ジム チケット販売 グッズ販売
スケジュール
 
  大会詳細
インタビュー
  


■澤田龍人
「ただ勝つだけじゃなくて、負けを経験して進化した姿を見せなきゃいけない」




――約7カ月ぶりの試合が迫ってきました。仕上がりはいかがですか?

「いつもよりばっちり仕上がっています。試合期間が空いた分、基本を一からやり直してきました」

――昨年7月の内藤のび太選手とのタイトルマッチは残念な結果になってしまいましたが、あの試合でどんなことを感じましたか?

「チャンピオンとの差を痛感させられましたね」

――チャンピオンを追い込む場面もありましたが、差を感じたのですね。

「はい。1Rは自分のペースでいけましたが、それ以外はすべて相手に取られていたので、差はあったと思います。ちゃんと試合映像を見直して、自分に何が足りなかったかを考えました」

――あの敗戦で自分がやるべきことが分かりましたか?

「ベルトが欲しくて焦って倒しにいってしまったかなと思うし、ベルトが欲しい気持ちはあって当然ですが、そのうえで冷静に戦わなければいけなかったと思います」

――そこで必要なことが基本をやり直すことにもつながっているのですか?

「そうですね。あれから自分を見つめ直して、自分が本来やらなければいけないことが再確認できたと思います」

――さて今回はランキング9位の小堀選手と対戦が決まりました。対戦相手としてどんな印象を持っていますか?

「ランキングに入っているんで楽に勝てる相手ではないと思います」

――復帰戦という部分では相手よりも自分がどう戦うかというテーマもあると思いますが。

「はい。自分がタイトルマッチで負けてどう変わったかをお客さんに見せられたらいいなと思います。ただ結果として勝つだけじゃなくて、負けを経験して強くなった姿や進化した姿を見せなきゃいけないと思います」

――今回が再起の一戦です。2016年をどんな1年にしたいと思いますか?

「たくさん試合をして、またタイトルに挑戦して今度こそチャンピオンになりたいですね」

――そのチャンピオンはここまで盤石の強さを見せ続けています。ベルトを獲ること、内藤選手にリベンジすること。澤田選手にとってはどちらが大きいですか?

「どちらもですね。内藤さんを倒したい気持ちもし、修斗で世界チャンピオンになりたい気持ちもある。その2つを胸に戦っていきたいと思います」


□プロフィール
澤田龍人 RYUTO SAWADA
世界フライ級5位
さわだ・りゅうと
[所属]AACC
[出身]東京都
[身長]156cm
[生年月日]1995年11月27日(20歳)
[戦績]6戦3勝(2S・1KO)2敗1分
[最近3試合の戦績]
2014.12.21 ○(1R2:37 腕ひしぎ十字固め)マッチョ“ザ”バタフライ
2015.02.11 ○(3R0:16 KO)正城ユウキ
2015.07.26 ×(4R4:46 肩固め)内藤のび太
[Twitter]@aaccryuto
大会詳細
BLOG
佐藤ルミナ
佐藤ルミナ
RUMINA SATO
UPDATE!! roots
桜井“マッハ”速人
HAYATO SAKURAI
UPDATE!! 総合格闘技 MACH 道場
MORE
HOME PAGE TOP
個人情報保護方針 利用規約/免責事項 お問い合せ窓口
修斗、及び修斗ロゴは登録商標です。無断で使用することは堅く禁じられております。無断で使用した場合は法的措置をとる場合がございます。
SITE MAP ENGLSH スケジュール イベント情報 リンク集