PROFESSIONAL SHOOTO JAPAN
PROFESSIONAL SHOOTO ORIGINAL OFFICIAL WEB SITE
修斗とは? プロフィール ランキング アマチュア ジム チケット販売 グッズ販売
スケジュール
 
スケジュール一覧 大会情報
大会詳細

VTJ in OSAKA





最新情報
▼VTJグラップラーズクラウン結果 (2015.6.24)
  
○バンタム級61.2kg以下7人トーナメント
 優勝 榎本 悟(リバーサルジム川口リディプス)
 準優勝 藤井 理夫(和術慧舟會兵庫支部)
 3位 江崎 壽(パラエストラ札幌)
 トーナメント表と詳細結果

○ライト級70.3kg以下リーグ戦
 優勝 新居 卓(マッハ道場)
 準優勝 世羅 智茂(GROUND CORE)
 リーグ表と詳細結果

▼試合写真アップ (2015.6.24)
  
 写真提供:長尾迪

▼試合結果 (2015.6.22)
  

▼当日情報 VTJ5th DVD & 大会パンフレットのセットを販売! (2015.6.20)
  
 明日の物販情報です。
 VTJ恒例となりましたDVD & パンフレットのセット販売を今大会でも行います!
 昨年6.28 大阪にて初開催となりました「VTJ5th」の全試合を収録しましたDVDを大会記念パンフレットとセットで販売致します。観戦記念に是非お買い求め下さい。

□VTJDVD & パンフレットセット 特別価格 2,000円

▼計量結果 当日券は立見のみ、12時から販売 (2015.6.20)
  
[当日券販売]12:00 より会場入口にて販売
 立見 4,000円
 ※その他のチケットは完売しました。
 ※未就学児入場不可
[お問い合わせ]株式会社VTJ 03-3788-3042

▼試合順決定 メインは前田vs渡辺 大阪フライ級頂上決戦! (2015.6.19)
  

▼ラウンドガールが決定! (2015.6.12)
  
 6.21VTJ in OSAKAのラウンドガールが決定致しました!
 今話題のミスター&ミスコンテスト『ベストボディ・ジャパン』より推薦された2名が今大会のラウンドガールをつとめます!  『VTJ in OSAKA』のラウンドガールには、「健康的で、美しく、そして、かっこよさを追求する、世界初、男女年齢別ミスター&ミスコンテスト」を主催するベストボディ・ジャパンより2名が選ばれました!
 ベストボディ・ジャパン2015東京大会レディースクラス優勝の植田早紀(うえだ さき)さんとベストボディジャパン2015 関西オープン優勝の岩本知宜(いわもと ちぎ)さんが今大会のラウンドガールをつとめます。選手同様にラウンドガールのお二人にも暖かいご声援をよろしくお願い致します!

◎ベストボディ・ジャパンHP
 http://www.bestbodyjapan.com/

[名前]岩本知宜 (イワモトチギ)
[生年月日]1987年12月29日
[身長]162cm
[体重]48kg
[趣味]ピアノ・トレーニング
[コメント]
キックボクシングのレッスンを受けたりしているので、格闘技にはとても興味があります。
でも、生の試合を間近で拝見するのは今回が初めてなのでとても楽しみです。
私も次のコンテストに向けて日々トレーニングを続けているので、選手の皆さんに負けないように頑張りたいと思います!

[名前]植田早紀(うえださき)
[生年月日]1986年5月3日
[身長]170cm
[体重]48kg
[趣味]ゴルフ・美容
[コメント]
VTJのラウンドガールとしてリングに立つことができてとても嬉しいです。
会場のみなさんと一緒に大会を盛り上げていきたいと思います!

▼元UFCファイター手塚がGRACHAN、HEAT2冠王座を引っさげてVTJ in OSAKAに出場!TENKAICHIバンタム級王者・祖根vs金太郎、修斗フェザー級新人王・竹中vs土肥の3試合が決定! (2015.6.9)
  
 元UFCファイター手塚基伸が4年振りに大阪に帰ってくる!
 昨年9月に開催されたHEAT総合ルール・バンタム級初代王者決定1DayトーナメントにGRACHAN MMAバンタム級王者として参戦。2試合連続の一本勝ちで見事に2冠を達成した。
 その後HEATでは、1階級下の春日井健士に判定負けを喫したが、先日のGRACHANでは沼尻健にTKO勝ちして本来の実力を発揮。
 前回VTJに出場した際は、根津優太に敗戦しているが、サウスポーから繰り出される打撃を織り交ぜてのテイクダウンと寝技でのボディコントロールは抜群の安定感を見せる。バンタム級の実力者が2本のベルトを引っさげてVTJ in OSAKAに帰ってくる。
 一方対戦相手の遠藤大翼は、現UFCファイター佐々木憂流迦を輩出している和術慧舟會駿河道場に所属。パンクラスやDEEPを主戦場に試合をしており、キックボクシング団体Krushにも参戦。ここ2試合は勝ち星に恵まれていないが、かつては直撃我聞をKO、佐藤将光にも判定勝ちしている。金網での試合は対戦相手の手塚と比べると経験値は少し落ちてしまうが、デビュー当時にはCAGE FORCEに参戦しており金網での試合は経験済み。またキックボクシングの試合も行っていることから打撃でのKOも狙えるところが遠藤の強みでもあり、そこに活路を見出すのが得策だろう。但し、RNCや三角絞めでの勝利もあり、意外な極め力も侮れない。
 手塚が久々の大阪での凱旋試合を勝利で飾ることが出来るか。それとも遠藤が元UFCファイターを返討ちにするのか。両者の試合の組み立て方次第では、番狂わせも起こり得る可能性を秘めた好カードが実現した。
 それ以外にも5月31日に沖縄コンベンションセンターで開催された『TENKAICHI76』に出場した志村道場の祖根寿麻がTENKAICHI MMAバンタム級王者として緊急参戦。パンクラス稲垣組の金太郎との対戦が決定!
また、昨年度の修斗フェザー級新人王の竹中大地がライジングオン・フェザー級王者土肥“聖帝”潤と激突。135ポンド注目の3カードが決定しました!

[新たに決定した対戦カード]
□135ポンド契約 5分3R
 手塚 基伸(格闘技道場コブラ会) vs
 遠藤 大翼(和術慧舟會駿河道場)

□135ポンド契約 5分3R
 竹中 大地(パラエストラ和泉) vs
 土肥“聖帝”潤(MIBURO)

□135ポンド契約 5分2R
 祖根 寿麻(志村道場) vs
 金太郎(パンクラス稲垣組)

▼新世代の登竜門『VTJ NEXT』新たに2試合が決定! (2015.5.13)
  
[新たに決定した対戦カード]
□VTJ NEXT 125ポンド(56.7kg)契約 3分3R
 若松 佑弥(TRIBE TOKYO M.M.A) vs
 関口 祐冬(CROW FOREST)

□VTJ NEXT 145ポンド(65.8kg)契約 3分3R
 村田 崇(修斗GYMS直心会) vs
 堂土 美来(シューティングジム大阪)

 今大会から新たな試みとして実施される『VTJ NEXT』で2試合が追加決定致しました。
 長南亮率いるTRIBE TOKYO M.M.AからJMLスーパーフェザー級優勝、ベストファイター賞も受賞している若松 佑弥(わかまつ・ゆうや)が、ZSTが開催するSWAT!で活躍しているCROW FORESTの関口祐冬(せきぐち・ゆうと)と対戦。
 また65.8kg契約でシューティングジム大阪の堂土美来(どうど・びらる)と修斗GYMS直心会の村田崇(むらた・そう)の試合が決定しました。

 『VTJ NEXT』の注目の一つは、女子の試合が2カード組まれている事と、もう一つは10代の選手が4名出場すること。先日発表された女子選手の山口友花里が17歳、浅倉栞南が18歳。そして、本日発表された関口、堂土も共に18歳と、10代の選手4名がプロとしてケージでの試合を行い、まさに『VTJ NEXT』のコンセプトにあった試合をマッチメイクしました。また、関口と対戦する若松佑弥も20歳と今後の総合格闘技界を背負っていく逸材が大阪に集結します。ジャパニーズMMAの未来はVTJから始まる!是非、ご注目下さい!

▼『VTJ NEXT』で女子の試合が2カード決定! Girls S-cup 48kg級2014日本トーナメント王者“天才女子高生”山口友花里 参戦! (2015.5.13)
  
[新たに決定した対戦カード]
◎VTJ NEXT 110ポンド(49.9s)契約 3分3R
 山口友花里(空手道白心会) vs
 檜山美樹子(名古屋ファイトクラブ)

◎VTJ NEXT 105ポンド(47.6s)契約 3分3R
 浅倉栞南(パラエストラ松戸) vs
 古澤みゆき(総合格闘技道場BURST)

 『VTJ NEXT』で早くも女子の2カードが決定。
 注目はやはりGirlsS-cup48s級トーナメンを制した山口友花里のVTJ初参戦だろう。
GirlsS-cupの1回戦では『VTJ1st』で藤井惠と激闘を繰り広げたこともあるV.V.Meiを判定で下し、決勝ではあのMIOを破り優勝を果たした。
 そんな16歳の“天才女子高校生”山口友花里が次に選んだ戦いの場はVTJの金網の中だった。
 GirlsS-cupで優勝した当初は、番狂わせと見ていた関係者も多くいただろうが、小学1年生の頃からフルコンタクト空手の試合に出場し、2年生でグローブ空手、4年生から柔術、MMAの大会にも出場し、数々のタイトルを総なめにしてきた山口にとってGirlsS-cupでの優勝はむしろ当然だったのかもしれない。
 その山口の対戦相手となる檜山美樹子は、柔道、柔術をベースに全日本アマチュア修斗選手権を制している生粋の総合格闘家。
 お互いにリングでの試合は経験済みだが、金網での試合は今回が初めてとなる。
 リングでの試合に慣れている山口とアマチュア修斗で一度だけリングでの試合を経験している檜山。金網とリングでは戦い方が微妙に異なってくる為、リングでの試合数が多いからといってそれが即、金網でも有利か、と言えば普通なら簡単に判断することはできない。
 しかし、そんなことは小学生の頃から常に闘いの場に身を置いてきた山口友花里にとってはきっと何の影響もないのだろう。 日本最強の女子高生が金網でのデビュー戦をどのように戦うのか? 注目の一戦です!

 そして『VTJ6th』でMMAデビュー戦を勝利で飾った浅倉栞南が再びVTJに戻ってくる。
 前回の試合では、レスリングの経験を金網の中で遺憾なく発揮し、フルマークの判定勝ちをおさめており、17歳で既にMMAでの戦い方、そして勝ち方を心得ている。 その浅倉の対戦相手となるのが総合格闘技BURSTの古澤みゆき。 少林寺流空手を10年近く学び、全国大会では3位に入賞。中四国大会でも2度の優勝を飾っている実力者。
 MMA歴はまだ1年だが、総合格闘技BURSTのコーチと言えば“女王”藤井惠。そのフジメグが自信を持って推薦する選手、と言えばそれだけで説得力がないだろうか?
浅倉の組みの強さは前回のNACHI戦で既にインプット済み。MMAでレスラーが犯しやすい特有ミスを突いてくることは間違いない。フジメグには必ずや浅倉栞南を倒す秘策があるだろう。
両選手のベースが打・投・極のカテゴリーの中で一つが抜きん出ており、さながらレスリングVS空手の異種格闘技戦のようなイメージだが、勝敗をわけるものは、どちらがベースとなる技術を更に進化させMMAとして体現出来るか、にかかっている。
時にMMAでは、異なるバックボーンを持った者同士の対戦では、壮絶なノックアウトや逆転の一本勝ちが生み出されており、そういう意味でも非常にドラマチックなラストを見ることが出来る一戦かもかもしれない。
 今大会から『VTJ』の新レーベルとして実施される『VTJ NEXT』で早くもMMAの次世代を担う女子選手の試合が見れることになった。本戦以上に注目です!
 なお今回のVTJ NEXTのマッチメイクに関して藤井恵氏にオブザーバーとしてご協力頂きました。

▼A席が完売、また新レーベルとして「VTJ NEXT」が始動 (2015.5.12)
  
 6.21大阪府立体育館第二競技場にて行います「VTJ in OSAKA」のA席が早くも完売となりました。またその他の席種も残り僅かのものが出てきております。どうぞ良いお席はお早めにお買い求め下さい。
 また今大会よりVTJ新レーベルがスタート。これまで行ってきました「オープニングファイト」を廃止し、新たに「VTJ NEXT」として行って行く事となりました。
 各ジム代表や引退した選手達がオブザーバーとなり、未来あるファイターを育成して行く新たなブランドとして活動して参ります。そして今後は「VTJ NEXT」のみの大会も開催していく予定です。
 今後も新たな動きや、決定カード等はリニューアルしましたVTJホームページで発表して参ります。ぜひブックマークを。

□VTJ ホームページ
http://www.vtj-mma.com/

▼キング・オブ・パンクラス最多防衛記録を持つ清水清隆がVTJ初参戦!“中部最強の男”春日井健士を迎え撃つ。 (2015.5.2)
  
 昨年開催されたVTJフライ級トーナメントを制した扇久保博正を最も苦しめたファイターといえば、1回戦で対戦した春日井健士であろう。
 序盤は扇久保のテイクダウンに苦しめられたが、2R後半から猛チャージを仕掛け、扇久保を後一歩というところまで追い詰め、これが5Rならば?と思った関係者も少なからずいたのではないだろうか。
 その扇久保に敗れるまでの春日井は、元谷友貴、安永有希、北原史寛などを相手に10連勝しており、HEAT34では1階級上の手塚基伸に判定勝ちしている。
中部・関西地区での試合が多い為、あまり目立たなかった部分はあるかもしれないが、春日井がこのクラスでトップファイターの一角にいることは間違いないだろう。

 そんな春日井を迎え撃つのは、パンクラス史上最多となる6度の防衛記録を持つ現スーパーフライ級キング・オブ・パンクラシスト清水清隆。昨年はパンクラスで山本篤、TTF03で石神保貴、大晦日に行われたDEEPvsパンクラスの対抗戦では柴田“MONKEY”有哉を破り、3連続TKO勝利を飾っていた。
 しかし、4月5日に八王子で開催されたTTF04では、125ポンドに階級変更した中村優作に判定負けしてしまい、連続TKO記録がストップしてしまった。

 一方の春日井も2月1日に韓国で行われたRoadFCでソン・ミンジョンとフライ級王座を争うも敗れており、共に直近の試合では判定負けを喫しており、両選手共に連敗は避けたいだろう。

 今大会では、既に中村優作vsカナ・ハヤット、前田吉郎vs渡辺健太郎の2試合が決定しており、昨年のトーナメントに続き125ポンドのサバイバルマッチが大阪で実現する。

 果たして勝利するのは、“パンクラス最強の男”清水清隆か?“中部最強の男”春日井健士 か?
 互いに交わることがなかった125ポンドのトップファイター二人がVTJで激突する。

▼6.21 グラップリングイベント「VTJ グラップラーズクラウン 2nd」出場選手募集開始 (2015.4.20)
  

▼決定カード第1弾 関西から世界へ、日本屈指のフライ級対決 前田吉朗vs渡辺健太郎決定! 前回大阪大会に続き中村優作連続参戦、カナ・ハヤットとのストライカー対決実現 (2015.4.15)
  
[決定対戦カード]
□125ポンド契約5分3R
 前田吉朗(パンクラス稲垣組) vs
 渡辺健太郎(直心会格闘技道場)

□125ポンド契約5分3R
 中村優作(日本/Team Alphamaie Japan) vs
 カナ・ハヤット(USA/チーム・ボディショップ)

□145ポンド契約5分2R
 ダイキ・ライトイヤー(修斗GYM神戸) vs
 鷹亜希(修斗GYMS直心会)

▼今年一発目のVTJは6.21大阪!VTJ in OSAKA開催決定! (2015.3.13)
  
 来る6月21日(日)に関西地区2度目の開催となりますVTJ大阪大会「VTJ in OSAKA」の開催が決定致しました。
 会場はBODYMAKERコロシアム(大阪府立体育館)第二競技場。
 また、今大会もVTJ6thに続きD-NETの協力のもとVTJグラプラーズクラウンを同体育館の柔道場にて開催致します。
 今回も2階級でのトーナメントを実施。階級は61.2kgと70.3kgで行われる予定です。一般公募及び推薦で出場選手を決定致します。スペシャルワンマッチも2〜3試合行う予定です。
 いずれの大会も詳細は決定次第発表させて頂きます。




◎VTJグラップラーズクラウン2nd
[主  催] VTJ実行委員会
[協 力] D-NET
[開催日時] 6月21日(日)
AM10:00 選手集合、計量、ドクターチェック、ルール説明
AM11:00 試合開始予定

[入場料]
1000円(税込)

[募集内容]
バンタム級(61.2kg以下)8人トーナメント
ライト級(70.3kg以下)8人トーナメント
スペシャルワンマッチ2〜3試合予定

[参加資格]
総合格闘技のプロ選手、柔術、ノーギなどの各大会で入賞経験のある選手。
定員をオーバーした場合は実行委員会による選考で出場選手を決定させて頂きます。

[ルール]
D-NETグラップリングルールを採用。詳しくは下記のURLをご参照ください。
http://www.dnetjapan.com/docs/dnet_g_rule.pdf
注意)今大会で採用される体重と階級の表記が異なります。またスペシャルワンマッチの試合時間は現在協議中です。

 ■申し込み用紙をダウンロード  (※PDFファイル)

▼申し込み用紙の送り先は
e-mail / contact@tribetokyo.com
FAX / 03-6914-9151
郵送 / 〒176-0001 東京都練馬区練馬1-22-10 エレガンス練馬B1 TRIBE TOKYO M.M.A

▼申込締切日  6月14日(必着)

D-NET
http://www.dnetjapan.com/


第7試合 125ポンド契約 5分3R

○前田吉朗
Yoshiro Maeda

判定 3-0

前田吉朗
Yoshiro Maeda

渡辺健太郎
Kentaro Watanabe
日本
パンクラス稲垣組

所属
日本
直心会格闘技道場
※中井祐樹 30-27(1R 10-9/2R 10-9/3R 10-9)
 磯野 元 30-27(1R 10-9/2R 10-9/3R 10-9)
 吉田元貴 30-27(1R 10-9/2R 10-9/3R 10-9)


▼計量結果
 前田吉朗(パンクラス稲垣組)56.5kg
 渡辺健太郎(直心会格闘技道場)56.4kg


第6試合 125ポンド契約 5分3R

○中村優作
Yusaku Nakamura

2R 2:22
KO

中村優作
Yusaku Nakamura

カナ・ハヤット
Kana Hyatt
日本
Team Alphamale Japan

所属
USA
チーム・ボディショップ
※ボディへのヒザ蹴り
※中井祐樹 (1R 10-9)
 磯野 元 (1R10-9)
 田中竜一 (1R 10-9)


▼計量結果
 中村優作(日本/Team Alphamale Japan)56.4kg
 カナ・ハヤット(USA/チーム・クエスト・タイ)56.6kg


第5試合 125ポンド契約 5分3R

○春日井健士
Takeshi Kasugai

判定 1-2

清水清隆
Kiyotaka Shimizu

春日井健士
Takeshi Kasugai
日本
TRIBE TOKYO MMA
※現キング・オブ・パンクラス
スーパーフライ級王者

所属
日本
志村道場
※中井祐樹 28-29(1R 10-9/2R 9-10/3R 9-10)
 磯野 元 28-29(1R 10-9/2R 9-10/3R 9-10)
 吉田元貴 29-28(1R 10-9/2R 10-9/3R 9-10)


▼計量結果
 清水清隆(TRIBE TOKYO M.M.A)56.5kg
 春日井たけし(志村道場)56.5kg


第4試合 135ポンド契約 5分3R

○遠藤大翼
Daisuke Endo

判定 1-2

手塚基伸
Motonobu Tezuka

遠藤大翼
Daisuke Endo
日本
総合格闘技道場コブラ会

所属
日本
和術慧舟會駿河道場
※中井祐樹 28-29(1R 10-9/2R 9-10/3R 9-10)
 磯野 元 28-29(1R 10-9/2R 9-10/3R 9-10)
 吉田元貴 29-28(1R 10-9/2R 9-10/3R 10-9)


▼計量結果
 手塚基伸(格闘技道場コブラ会)61.1kg
 遠藤大翼(和術慧舟會駿河道場)61.2kg

▼選手プロフィール
 手塚 基伸(てづか・もとのぶ)
 [所属]総合格闘技道場コブラ会
 [生年月日]1987年8月29日(27歳)
 [出身地]長野県
 [身長]172cm
 [格闘技歴]空手、柔道、柔術
 [戦績]24勝9敗5分
  GRACHAN MMAバンタム級王者
  HEAT総合ルール バンタム級王者

 遠藤 大翼(えんどう・だいすけ)
 [所属]和術慧舟會駿河道場
 [生年月日]1982年11月13日(32歳)
 [出身地]静岡県三島市
 [身長]172cm
 [戦績]12勝6敗2分


第3試合 135ポンド契約 5分3R

○竹中大地
Daichi Takenaka

2R 4:09
KO

竹中大地
Daichi Takenaka

土肥“聖帝”潤
Jun Doi
日本
パラエストラ和泉

所属
日本
MIBURO
※レフリーストップ(カット)
※豊永 稔(1R 10-9)
 磯野 元(1R 10-9)
 田中竜一 (1R 10-9)


▼計量結果
 竹中大地(パラエストラ和泉)60.9kg
 土肥“聖帝”潤(MIBURO)60.9kg

▼選手プロフィール
 竹中 大地(たけなか・だいち)
 [所属]パラエストラ和泉
 [生年月日]1990年1月29日(25歳)
 [出身地]大阪府泉佐野市
 [身長]165cm
 [戦績]5勝1分
 第19回全日本アマ修斗選手権フェザー級優勝
 2013年度修斗フェザー級新人王

 土肥“聖帝”潤(どい・せいてい・じゅん)
 [所属]MIBURO
 [生年月日]1986年10月17日(29歳)
 [出身地]京都府
 [身長]173cm
 [戦績]7勝2敗1分
 ライジングオン フェザー級王者


第2試合 135ポンド契約 5分2R

○租根寿麻
Kazuma Sone

1R 3:52
KO

租根寿麻
Kazuma Sone

金太郎
Kintaro
日本
志村道場

所属
日本
パンクラス稲垣組
※グランドパンチ


▼計量結果
 祖根寿麻(志村道場)61.1kg
 金太郎(パンクラス稲垣組)61.0kg

▼選手プロフィール
 租根 寿麻(そね・かずま)
 [所属]志村道場
 [生年月日]1988年2月11日(27歳)
 [出身地]沖縄県
 [身長]167cm
 [戦績]17勝12敗
 初代DXFCバンタム級王者
 TENKAICHIバンタム級王者

 金太郎(きんたろう)
 [所属]パンクラス稲垣組
 [生年月日]1993年3月19日(22歳)
 [出身地]大阪府
 [身長]167cm
 [格闘技歴]剣道、キックボクシング
 [戦績]11勝4敗2分


第1試合 145ポンド契約 5分2R

○ダイキ・ライトイヤー


1R 2:34
リアネイキッドチョーク

ダイキ・ライトイヤー


鷹亜希
Takaaki
日本
修斗GYM神戸

所属
日本
修斗GYMS直心会

▼計量結果
 ダイキ・ライトイヤー(修斗GYM神戸)65.5kg
 鷹亜希(修斗GYMS直心会)65.5kg


VTJ NEXT 第4試合 110ポンド(49.9Kg)契約 3分3R

○山口友花里
Yukari Yamaguchi

1R 1:22
リアネイキッドチョーク

山口友花里
Yukari Yamaguchi

檜山美樹子
Mikiko Hiyama
日本
空手道白心会

所属
日本
名古屋ファイトクラブ

▼計量結果
 山口友花里(空手道白心会)49.0kg
 檜山美樹子(名古屋ファイトクラブ)49.1kg

▼選手プロフィール
山口友花里
[所属]空手道白心会
[生年月日]1998年6月19日生まれ
[身長] 160cm
[体重] 54kg
[格闘技歴] 空手10年、キック9年、柔術7年
16歳でJ−GIRLSデビュー勝利
2005年武神カラテオールジャパンカップにて小学生女子1年生の部で優勝。
関西少年グローブ空手道選手権大会、グローブ空手、キックボクシング 優勝31回 準優勝7回。
禅道会総合空手道選手権大会 優勝17回(MVP3回受賞)
柔術 優勝34回
2013年 全日本アマチュアシュートボクシング選手権大会王座決定戦・女子48kg級1RTKO勝利
2014年 J-Girlsでプロデビュー。
2014年 Girls S-cup 48kg日本トーナメント優勝
キックボクシング戦績 4勝1敗

檜山美樹子(ひやまみきこ)
[所属]名古屋ファイトクラブ
[生年月日]1978年12月19日生まれ
[身長] 160cm
[体重] 53kg
[格闘技歴]柔道初段、格闘技歴7年、修斗4年、柔術青帯
2014年全日本アマチュア修斗フライ級優勝
2013年アマチュア修斗関西選手権フライ級準優勝


VTJ NEXT 第3試合 105ポンド(47.6Kg)契約 3分3R

○浅倉栞南
Kanan Asakura

2R 2:17
リアネイキッドチョーク

浅倉栞南
Kanan Asakura

古澤みゆき
Miyuki Furusawa
日本
パラエストラ松戸

所属
日本
総合格闘技道場BURST

▼計量結果
 浅倉栞南(パラエストラ松戸)47.5kg
 古澤みゆき(総合格闘技道場BURST)46.9kg

▼選手プロフィール
古澤みゆき
[所属]総合格闘技道場BURST
[生年月日]1980年2月4日
[身長] 157cm
[体重] 52kg
[主な格闘技歴] 少林寺流空手道 防具付き組手10年
全国大会3位、中四国大会 優勝2回、準優勝2回
県大会優勝4回、準優勝4回


VTJ NEXT 第2試合 125ポンド(56.7Kg)契約 3分3R

○関口祐冬
Yuto Sekiguchi

1R 2:43
腕ひしぎ十字固め

若松佑弥
Yuya Wakamatsu

関口祐冬
Yuto Sekiguchi
日本
TRIBE TOKYO M.M.A

所属
日本
CROW FOREST

▼計量結果
 若松佑弥(TRIBE TOKYO M.M.A)56.6kg
 関口祐冬(CROW FOREST)56.4kg

▼選手プロフィール
若松佑弥(わかまつ ゆうや)
[所属]TRIBE TOKYO M.M.A
[生年月日]20歳
[身長]167cm
[体重]56.7kg
[出身地]鹿児島県出身
[格闘技歴]1995年2月9日
[戦績]
2014 JML スーパーフェザー級優勝(ベストファイター賞受賞)

関口祐冬(せきぐち・ゆうと)
[所属]CROW FOREST
[生年月日]1997年11月4日(18歳)
[身長]167cm
[体重]65k
[出身地]栃木県
[格闘技歴]MMA3年
[戦績] 25戦14勝6敗5分


VTJ NEXT 第1試合 145ポンド(65.8Kg)契約 3分3R

○村田 崇
So Murata

1R 0:13
KO

村田 崇
So Murata

堂土美来
Biraru Dodo
日本
修斗GYMS直心会

所属
日本
シューティングジム大阪
※スタンドパンチ


▼計量結果
 村田 崇(修斗GYMS直心会)65.8kg
 堂土美来(シューティングジム大阪)63.3kg

▼選手プロフィール
村田 崇(むらた・そう)
[所属]修斗GYMS直心会
[生年月日]1990年7月23日(24歳)
[身長]175cm
[体重]70kg
[出身地]大阪府三島郡
[格闘技歴]2年
[戦績]
7戦3勝(3KO )4敗
2014東海選手権出場

堂土美来(どうど・びらる)
[所属]シューティングジム大阪
[生年月日]1997年8月22日(18歳)
[身長]180p
[体重]66s
[出身地]奈良県
[格闘技歴]修斗1年4ヶ月
[戦績]
アマチュア修斗2戦2勝(2S)
アマチュアシュートボクシング1戦1勝



大会名称 VTJ in OSAKA
日 時 2015年6月21日(日)
会 場 BODYMAKERコロシアム(大阪府立体育館)第二競技場
開 場 14:30
開 始 16:00 ※15:00よりオープニングファイト開始
主 催 VTJ実行委員会
入場料
VIP席   ¥30,000 完売
    (柵内最前列、パンフレット、アフターパーティー券付)

RS席   ¥10,000 完売
S席   ¥8,000 完売
A席   ¥6,000 完売
B席   ¥5,000 完売
◇当日 立見券   ¥4,000
※全席指定 税込価格
※3歳以上はチケットが必要となります。
※未就学児入場不可

チケット販売所
チケットぴあ0570-02-9999(Pコード:829-297)
ローソンチケット0570-08-4005(Lコード:56851)
CNプレイガイド0570-08-9999
e+http://eplus.jp/
お問い合わせ 株式会社VTJ 03-3788-3042
スケジュール一覧
BLOG
佐藤ルミナ
佐藤ルミナ
RUMINA SATO
UPDATE!! roots
桜井“マッハ”速人
HAYATO SAKURAI
UPDATE!! 総合格闘技 MACH 道場
MORE
SHOP
修斗オリジナルグッズ販売
HOME PAGE TOP
個人情報保護方針 利用規約/免責事項 お問い合せ窓口
修斗、及び修斗ロゴは登録商標です。無断で使用することは堅く禁じられております。無断で使用した場合は法的措置をとる場合がございます。
SITE MAP ENGLSH スケジュール イベント情報 リンク集