PROFESSIONAL SHOOTO JAPAN
PROFESSIONAL SHOOTO ORIGINAL OFFICIAL WEB SITE
修斗とは? プロフィール ランキング アマチュア ジム チケット販売 グッズ販売
スケジュール
スケジュール一覧 大会情報
大会詳細


プロフェッショナル修斗公式戦
SHOOTO GIG WEST 12



最新情報
▼勝者コメント (2010.9.28)

▼試合結果 (2010.9.27)

▼計量結果&選手コメント (2010.9.25)

▼対戦カード変更 (2010.9.13)
 今大会第1試合に出場を予定していた福島秀和(MMA修斗ジム BLOWS)が練習中に負傷、右第12肋軟骨骨折、全治1か月と診断され今大会を欠場。代わってDr.takuya(総合格闘技道場BURST)の出場が決定した。

▼全対戦カード& 試合順決定 メインは佐々木 vs タクミ! (2010.9.7)
 新人王2回戦・バンタム級2回戦で青山忍(和術慧舟會富山支部S.P.O.)と対戦予定だった寒天たけし(GSB)が他プロモーションの試合でKO負け。ISCの規定により出場停止処分となったため、この試合は中止となった。なお新人王決定トーナメントは寒天の不戦敗となり、青山の準決勝進出が決定した。

▼追加カード発表 (2010.8.19)

▼決定カード発表 (2010.7.29)

第8試合 ウェルター級 3回戦

○佐々木信治

1R 3分51秒
KO
佐々木信治 タクミ
同級世界10位・環太平洋6位
13戦 9勝(7S)4敗
日本
総合格闘技道場BURST

19戦 10勝(1KO・1S)6敗3分
日本
パラエストラ大阪
※グランドパンチ

▼計量結果&コメント
佐々木信治 70.0Kg
「調整はいつも通りです。今回の相手は大ベテランの選手ですね。俺が格闘技始める前から活躍されてる選手で。最後まで失速しない、波がない感じですよね。タクミ選手の型にはめられてまける選手が多いのでペースを持っていかれないようにしないといけませんね。明日はトータルで上回って勝ちたいですね、寝技だけでなく全てにおいて。一つずつ勝ってやっとここまで来ました。5年以上ブランクがある選手に横入りされるのは正直シャクなんで、俺が阻止します。今のランカーの強さを見せつけられるよう、KOか一本で勝ちます」
タクミ 69.9Kg
「修斗は5年8ヶ月振りですか。自分ではあまり意識してなくて周りから聞いて知ったぐらいです。この期間は怪我がきっかけではあったんですけど、自分で足りない技術を磨いてたり柔術に専念してたりしてました。柔術でも納得できる結果を出せた事もありますし、満足のいく結果を出せていなかった修斗にもう1度出たいと思って今回のオファーを受けました。相手の佐々木選手は僕が出ていなかった時に頭角を表してきた選手です。当然ですが自分よりも若くて勢いもありますよね。寝技も強くルックスもいいし、一発の三角絞めがある。まぁでもこっちも気合い入れて練習してきましたからね。問題は試合の感覚が戻せるかどうかだと思います。久しぶりの試合で自分でもどうなるかは分からないんですけど、一生懸命、試合に挑む姿を見てもらえたらと思います」



▼試合後コメント
佐々木信治
「今日は前回の試合でダメだった部分が修正できて仕留める事ができました。メインをキチッと締める事ができました。ここ最近は打撃を強化してたんで、その成果が少しは出せたのかなと思います。最初に当てるまでは不安だったんですけど、当たり始めてからは練習通り動く事ができました。打撃で行きたかったんですけど、四つの展開になってしまって、まぁそこからは得意なので。有言実行できました。次、目指す所は環太平洋ですかね。返上されてるんで挑戦できるといいですね。勝ったんで是非、お願いします。これからも判定ではなく一本、KO狙っていくんで激しくて、派手な試合が見たかったら僕のしあいを見に来てください」


第7試合 フライ級 3回戦

△ドロー

判定 1−1

ATCHアナーキー 生駒純司
同級世界4位
14戦 7勝(2KO・1S)5敗2分
日本
パラエストラ東京
同級世界8位
28戦 12勝(1KO・8S)12敗4分
日本
直心会格闘技道場
※29−29、30−29、28−29

▼計量結果&コメント
ATCHアナーキー 51.9Kg
「今回の相手は今まで当たった選手とは違いますよね。一番の難敵だと思います。手足の長い選手とも戦ってきましたけど、参考にはならないと思います。自分的にはいつもと変わらずパンチを打っていきます。離れて自分の距離で戦っていきます。向こうは出てくるってですか?それはありがたいですね。左のパンチも勿論狙いますが、右も当てていきますよ。もちろんKOで勝ちますよ。アウェーですが、そんなの関係なく倒しにいきます。大阪の皆さんにインパクトを残しますよ」
生駒純司 52.0Kg
「体調はバッチリです。相手は一発がある選手ですからね。仮に自分が押しててもひっくり返させるパンチ持ってますよね。お客さん的には面白いんじゃないですか、僕はあんまり面白くないですけど(笑)。まぁド突き合いになるでしょうね。その方が見てる皆さんも面白いでしょ。せっかくフライに落としたからには、下の方でやってても仕方ないですからね。明日勝ってもっと上目指さんと。明日は会場も大きいですから、分かりやすい試合します。楽しみにしててください」


第6試合 ウェルター級 2回戦

○田中達憲

1R 4分22秒
スリーパーホールド
堂垣善史 田中達憲
8戦 1勝(1S)6敗1分
日本
パラエストラ加古川
2戦 1勝(1S)1敗
日本
和術慧舟會兵庫支部
▼計量結果
堂垣善史 69.9kg
田中達憲 70.0kg



▼試合後コメント
田中達憲
「もうちょっと色気のある試合をしたかっですね。勝つ試合、一本取りにいく試合という意味では良かったんですけど。打撃もやりたかったんですけど、リーチがあるのとスピード、リズムが違ったし、待たれてる感じがあたったんでテイクダウンにいきました。いい形になったんでそのままフィニッシュに持っていけました。今、アマチュア大会等で関西を盛り上げようとしてるんですけど、自分としてはそれだけじゃなくベルトを関西に持ってきて、そういう意味でも盛り上げていきたいなと思っています」


第5試合 フェザー級 2回戦

○マイク・ハヤカワ

判定 3−0

マイク・ハヤカワ AKI
10戦 2勝(2S)5敗3分
日本
シューティングジム大阪
5戦 1勝(1S)3敗1分
日本
PUREBRED京都
※29−18、20−18、20−18

▼計量結果
マイク・ハヤカワ 60.0kg
AKI 60.0kg



▼試合後コメント
マイク・ハヤカワ
「今回のテーマであった相手のパンチはしっかり見えたんですけど、初っぱなのタックルだけが見えなかったですね。スタンドで勝負するつもりだったんですが、臨機応変に戦おうと。上のポジションに拘った訳ではないですが、最後にポジションが取れたんで良かったです。今年で30歳。マッハさんが言ってたんですが『30代が一番パワーが出る』という事なので今年は頑張ります」


第4試合 2010年度新人王決定トーナメント準決勝 ウェルター級 2回戦

○下石原人

判定 3−0

下石原人 クレイジーバーサーカー文平
3戦 3勝(2S)0敗
日本
MMA/修斗ジムBLOWS
2戦 2勝(1S)0敗
日本
パラエストラ大阪
※20−18、20−19、20−18

▼計量結果
下石原人 70.0kg
クレイジーバーサーカー文平 70.0kg



▼試合後コメント
下石原人
「バテて動けなかったですね。やりたい事が全然できませんでした。序盤でもう全然ダメでしたね。相手の下からの攻めも上手くて。決勝は気引き締めていかないと。アキラ選手とは代理戦争ですか?まぁ別にそう見られるんやったら好きに見てもらって結構です。今新しい練習してるんで決勝ではそれをどんどん出していきたいです。今ハヤカワさんとフェンシングやってるんです。打撃の踏み込みの為に」


第3試合 2010年度新人王決定トーナメント準決勝 フライ級 2回戦

○オニボウズ

1R 2分27秒
KO
オニボウズ 岸本耕治
3戦 3勝(2S)0敗
日本
総合格闘技ゴンズジム
4戦 2勝(1S)2敗
日本
TKエスペランサ
※グランドパンチ

▼計量結果
オニボウズ 51.9kg
岸本 耕治 52.0kg



▼試合後コメント
オニボウズ
「打撃で押していけたんで練習通りでしたね。ホンマは左のハイを狙ってたんですけどね。試合前は自分の苦手なタイプの選手やなと思ってたんでメチャメチャ緊張してたんですよ。結果的にいいパターンにもっていけたんで良かったです。自分でもビックリしました。最後の膝ですけど練習では一度も決めた事なんか無いんですけどね。決勝はマッチョ選手と関西勢同士になりました。面白い試合になると思いますんで、しっかり練習して挑みます」


第2試合 2010年度新人王決定トーナメント準決勝 フライ級 2回戦

○マッチョ“ザ”バタフライ

2R 2分27秒
三角絞め
佐藤“キューピー”友和 マッチョ“ザ”バタフライ
4戦 3勝1敗
日本
RJW G2
3戦 2勝0敗1分
日本
総合格闘技道場コブラ会
▼計量結果
佐藤“キューピー”友和 52.0kg
マッチョ“ザ”バタフライ 52.0kg



▼試合後コメント
マッチョ“ザ”バタフライ
「たまたま三角の形に入ったんですけど、ホントは“ブルスペ”という技を狙っていました。どんな技かは決勝まで待っててください。決勝の相手は打撃もあってスピードもあるんですが、試合内容で盛り上げて積極的に“ブルスペ”を狙っていきます」


第1試合 フェザー級 2回戦

○Dr.takuya

判定 0−2

キムカチオ Dr.takuya
4戦 0勝3敗1分
日本
パラエストラ広島
※木村 裕 改め
デビュー戦
日本
総合格闘技道場BURST
※18−19、19−19、18−19

▼計量結果
キムカチオ 59.8kg
Dr.takuya 60.0kg



▼試合後コメント
Dr.takuya
「1ラウンドのパンチで終わるかと思いました(笑)やっぱりパウンドにも慣れてなくて。パウンドが入って。やっぱりデビュー戦という事で緊張しましたね。奇麗で大きな会場でもありましたし。次はいつになるか分かりませんが、目標としては来年の新人王ですね。また盛り上がるような試合をして一本取りたいです」


大会名称 インターナショナル修斗コミッション認定
プロフェッショナル修斗公式戦
SHOOTO GIG WEST 12
日 時 2010年9月26日(日)
会 場 大阪府大阪市・阿倍野区民センター・大ホール
開 場 15:00
開 始 16:00
主 催 (株)サステイン
入場料
◇RS席   ¥10,000 (最前列)
◇SS席   ¥8,000
◇S席   ¥5,000

チケット発売日 未定
チケット販売所
シューティングジム大阪06-6390-5010
修斗GYM東京03-3441-9424
お問い合わせ 03-5759-6863
スケジュール一覧
BLOG
佐藤ルミナ
佐藤ルミナ
RUMINA SATO
UPDATE!! roots
桜井“マッハ”速人
HAYATO SAKURAI
UPDATE!! 総合格闘技 MACH 道場
MORE
SHOP
修斗オリジナルグッズ販売
HOME PAGE TOP
個人情報保護方針 利用規約/免責事項 お問い合せ窓口
修斗、及び修斗ロゴは登録商標です。無断で使用することは堅く禁じられております。無断で使用した場合は法的措置をとる場合がございます。
SITE MAP ENGLSH スケジュール イベント情報 リンク集