PROFESSIONAL SHOOTO JAPAN
PROFESSIONAL SHOOTO ORIGINAL OFFICIAL WEB SITE
修斗とは? プロフィール ランキング アマチュア ジム チケット販売 グッズ販売
スケジュール
スケジュール一覧 大会情報
大会詳細


プロフェッショナル修斗公式戦
BORDER -season 2-「波動」



最新情報
▼選手コメント (2010.3.29)

▼試合結果 (2010.3.28)

▼計量結果&選手コメント (2010.3.27)
 [当日券]12時より会場入口チケット売り場にて販売
 [チケット]SRS席 8,000円/S席 5,000円/自由席(当日券のみ)4,000円
 [お問い合わせ]06-6708-5350

▼対戦決定カード発表 (2010.2.3)

第8試合 メインイベント フライ級 3回戦

○田原しんぺー

3R 3分31秒
KO
田原しんぺー 生駒純司
同級世界2位
12戦 7勝(3KO・1S)4敗1分
日本
総合格闘技道場STF
同級世界4位
27戦 12勝(1KO・8S)11敗4分
日本
直心会格闘技道場
▼計量結果&コメント
田原しんぺー 51.9Kg
「大阪、遠かったですね。明日はアウェーですが関係ありません。生駒選手といい試合ができればと思っています。メインなんしっかり締めたいですね。生駒選手はキャリアもあって、修斗を代表する選手といってもいいでしょう。その生駒選手と戦えるのは光栄です。立ちでも寝技でもどちらでも戦える選手です。でも僕はトータルで勝負できるんで、寝技になっても切り返してどんどん攻めていきます。多分回転するいい試合になると思いますよ。どアウェーですけど、地元の長野からも友人が見に来てくれますし、知ったこっちゃねぇっすよ。それと、この試合に勝ったら重大発表します」
生駒純司 51.9Kg
「体調はバッチリです。今までで最高の出来と言っていいですね。今すぐにでも試合がしたいです。階級を落としましたが、パワーはむしろ上がってますね。自分でも今回の試合が楽しみです。田原選手は何に関してもそつがないタイプです。打撃できても寝技できてもどちらでも勝負しますよ。頭の中には自分が勝つイメージしかないです。フライはやっぱり自分の階級やったと思うぐらい調子がいいです。明日は楽しみにしてて下さい」



▼試合後コメント
田原しんぺー
「メインをしっかり締められて良かったです。三角絞めだけには気をつけてたんですけど、気をつけてても入られてしまったので、ホントに凄いなと。さすがは世界ランキング1位にまで上り詰めた人だなと思いました。なんとか腕が一本入ったので、極まりはしないと思ってて。でももうこのラウンドは仕方がないという感じでした。最後、スタンドでのパンチは手応えが無かったんですけど、パウンドはずっしりと手応えがありました。今回は打撃の練習をやってきてたので、その成果が出せて良かったです。試合後、リング上からバンタム級転向を宣言しました。僕もこれから気持ちも新たにランキング外から這い上がっていくチャレンジャー精神で挑んでいきます。今回、生駒選手がバンタムから落として来られると聞いた時に、自分は頭にきてたんです。これからバンタム級の選手達も僕がバンタムに行く事で、僕と同じような気持ちをもった選手も出てくると思います。そういった選手達と熱い試合が出来ればと思っています。まだまだ頑張ります!」


第7試合 セミファイナル ウェルター級 3回戦

○杉江”アマゾン”大輔

2R 4分09秒
腕ひしぎ十字固め
杉江”アマゾン”大輔 田村ヒビキ
同級環太平洋10位
14戦 8勝(3S)5敗1分
日本
ALIVE

8戦 4勝2敗2分
日本
パラエストラ大阪
▼計量結果&コメント
杉江"アマゾン"大輔 70.0Kg
「前回は緊張してましたね。動けてたとは思うんですけど、打撃の練習なんか殆どできていない状態でした。今回は細かい打撃の部分も練習できました。あとは総合的な動きを調整してきました。田村選手は手足が長く、テクニカルな選手というイメージがあります。僕のファンとは試合が決まった後、人づてに聞きました(笑)。田村さんにそう言ってもらってますが、自分も修斗に復帰してまだ二戦目なので、上の立場だとかも思っていません。もちろん田村さんの事も尊敬しています。自分の持ってるものを思い切りぶつけるだけです。今回、大阪での試合が三戦目になります。自分にとってはゲンのいい土地なので、明日も続けて勝ちたいです。自分は正直上手い選手ではないので、一生懸命戦っている所をお見せしたいです」
田村ヒビキ 69.8Kg
「クラスA初戦でいきなり杉江選手と当たるなんて思ってもいませんでしたが、願ったり叶ったりという感じです。杉江選手は僕個人的に昔から憧れている選手でした。セミナーも出ましたし、スタイルも手本にさせてもらってて。そして教本も持ってるぐらいのファンです(笑)。でもそれはあくまでも、柔術、グラップリングでの話です。明日の試合は修斗なんで、そこでは負けられないです。尊敬はしていますけど、それとこれとは別です。向こうは組んでくると思いますが、全ての展開を想定して、それができてこそ修斗だと思います。全局面で戦えるようにはしてきました。去年年末にベルトを穫りますと言ってしまったんで、言った以上は有言実行して、関西を盛り上げていきたいです」



▼試合後コメント
杉江"アマゾン"大輔
「今日は予想外の結果でした。田村さんは研究してきてたと思いますが、それを少し上回ったから勝てたのかなと思います。最後は狙った形とは違ったんですが、閃きで三角固めのような形になりました。次は6月の名古屋大会です。戦いたい相手の名前を出せるような立場ではありません。少し休んで、また練習を始めていきます。ジムの仲間も試合を控えています。日沖(発)の大一番もあります。今回、彼に力になってもらったので、次は僕が彼の少しでも力になれればと思っています」


第6試合 バンタム級 2回戦

○渡辺健太郎

判定 0−3

村田一着 渡辺健太郎
8戦 2勝(2S)6敗
日本
NEW GROUND
5戦 3勝2敗
日本
直心会格闘技道場
※18−20、18−20、19−20

▼計量結果&コメント
村田一着 56.0Kg
「スピードもあって勢いもある選手が相手で、楽しみですね。これからどんどん伸びる選手だと思うんで、僕もそのいい影響を受けて戦えるようにしていきたいです。明日は相手の動きを見ながら試合を作っていこうと思うんですけど、最近自分の総合のスタイルがようやく見えてきて、まだまだ伸びてきているのを実感してきてます。練習してきた成果をしっかり出したいです」
渡辺健太郎 55.7Kg
「今回、練習も減量も上手くいきました。自分の出せるものを全て出して、面白い試合が出来ればと思っています。村田選手は自分なんかよりも経験がありますし、海外でも活躍されている方で、技術も凄い方です。その選手と戦わせて頂くだけで光栄です。全力でぶつからせて頂きます。前回の負けで勉強になる事が多かったんです。自分のやりたかった事が何も出せなかった事がこんなにも悔しい事だという事も分かりました。その教訓を活かせる練習はしてきました。明日はその成果を発揮したいです。明日は持ってるもの全てを皆さんの前でお見せします。応援宜しくお願い致します」



▼試合後コメント
渡辺健太郎
「自分の課題なんですけど、序盤、どうしても慎重になってしまう。今回も同じようになってしまいました。間合いが読み辛かったです。村田さんは寝技でくると思ってたんですけど、意外にも打撃でこられて。それに予想してたよりもパンチ力が凄かったです。2ラウンドからは少し感覚もつかめてきたんで前に出れました。クラスAの選手になんとか勝てましたが、自分自身、全然完成もしてないですし、このまま上に行っても勝負できるなんて思えていません。昇格の話を頂けるのであれば嬉しいですが、もっと実績をつんで、尚かつもっとプロらしい試合をしないと。僕は勝っても負けても、会場を沸かす事が仕事やと思ってます。また呼んで頂けるようでしたら、修斗のリングを盛り上げられる試合をしたいです。これからも応援宜しくお願いします」


第5試合 ライト級 2回戦

○田中半蔵

1R 3分54秒
KO
ジャックナイフ ツネオ 田中半蔵
5戦 4勝(1KO)1敗
日本
シューティングジム大阪
2戦 1勝(1KO)1敗
日本
シューティングジム横浜
▼計量結果&コメント
ジャックナイフ ツネオ 64.8Kg
「半蔵!ついにお前と戦う時が来たな。明日、アマ時代の借りをやっと返す事ができる。俺はこの日の為にお前を追ってライト級にまで落としてきた。明日は客がドン引きするくらい血まみれの試合にしてやる。この俺の2年半分の思いを受けろ!」
田中半蔵 64.9Kg
「試合の間隔が開いてしまったんで、明日は緊張すると思います。この大阪の雰囲気にのまれないないように、自分の動きが出せれば問題ないと思います。相手にはアマ時代に勝っていますが、今は立場が逆転して向こうは上に行ってますから、勝てばおいしいなと。完全なアウェーですが、横浜に面白い選手がいるんだと覚えて帰って頂ければと思います」



▼試合後コメント
田中半蔵
「最後は右フックです。会心の一撃でしたね。得意にしてるパンチです。無意識に出して当たりました。でも練習ではあまり当たらないんですけどね。お互いカウンターを狙ってるみたいでしたが、向こうが詰めてきた時にちょうど当たりました。今回怪我もないんで、どんどん試合していきたいです。この試合まで怪我で1年以上間隔を空けてしまったので、これからはどんどん試合していきます。自分はあまり若い方ではないですから(笑)」


第4試合 2010年度新人王決定トーナメント1回戦 ミドル級 2回戦

○住村竜市朗

判定 3−0

住村竜市朗 増田嘉晃
1戦 0勝1敗
日本
トリニティーサンズ
デビュー戦
日本
パラエストラ大阪
※20−17、20−17、20−17

▼計量結果&コメント
住村竜市朗 75.8Kg
「緊張してます(笑)。元世界王者の須田匡昇さんに練習を見て頂いてここまで来れたので、その成果を出したいです。須田さんからはいつもやってる練習通りやれば大丈夫と言われています。できればKOしたいです。応援宜しくお願い致します」
増田嘉晃 75.3Kg
「もっと緊張するのかと思ったんですけど、意外と落ち着いています。明日になれば、いい緊張感も出てくると思います。この試合に向けて弘中邦佳選手にも練習をつけて頂いたり、いい練習ができました。去年の全日本が終わってから、いいサポートをして頂ける方々に恵まれました。明日も沢山の方が応援に駆けつけてくれます。勝ち負けも大事なんですが、見て頂く皆さんにいい試合をお見せしたいと思います。熱い試合をお見せします、楽しみにしてて下さい」



▼試合後コメント
住村竜市朗
「なんとか自分の動きができたんで良かったです。練習をたくさんしてきましたんで、自信をもって落ち着いて戦えました。なんとか今年新人王獲れたらいいですね。次もいつも通り、沢山練習して頑張ります」


第3試合 2010年度新人王決定トーナメント1回戦 フライ級 2回戦

○オニボウズ

判定 3−0

オニボウズ 三谷敏生
1戦 1勝(1S)0敗
日本
総合格闘技ゴンズジム
デビュー戦
日本
総合格闘技道場コブラ会
※20−16、20−17、20−16

▼計量結果&コメント
オニボウズ 52.0Kg
「前回偶然にもいい勝ち方ができまして、できれば試合間隔を空けたくなかったんですけどね。まぁでも前回やってみて分かったのが普通通りにやったら勝てるんやなって。なるようにしか、なりませんからね。それからはリラックスできるようになりました。前より見応えのある試合にします。応援宜しくお願い致します」
三谷敏生 52.0Kg
「デビューに向けて寝技を強化してきました。相手とは去年アマで2回戦っているので強い事は重々知っています。戦績は1勝1敗です。最後は西日本の決勝で負けてます。今回は勝ってきっちり決着つけたいです。明日は知り合いも沢山来てくれるんで、勝ちたいです」



▼試合後コメント
オニボウズ
「最後バテてしまったんでね、もっとガツガツいきたかったですね。相手の粘りに押されてしまいました。もっと動けるように、これから体力をつけていかんとと思いましたわ。次は10分間攻め続けるようにして、このままの勢いでいってまおうかなと思います」


2010年度新人王決定トーナメント1回戦 フライ級 2回戦

○マッチョ”ザ”バタフライ

判定 3−0

マッチョ”ザ”バタフライ 虎徹
1戦 1勝0敗
日本
総合格闘技道場コブラ会
2戦 0勝2敗
日本
総合格闘技ゴンズジム
※19−18、19−18、19−18

▼計量結果&コメント
マッチョ“ザ”バタフライ 52.0Kg
「・・今日はどんな素晴らしい〜♪」
虎徹 52.0Kg
「そろそろ勝たないとですね。修行のためによそにも上がらしてもらって、その頃にウチのジムで技術体系が劇的に変わったりしたんです。それと田中(寛之)さんにいろいろとプロとしての心の部分について指導して頂きました。これでやっと格闘技をやる人間として目覚め始めた感じがしてます。今までで自信も一番あります。先生から教わってきた事を信じて戦います」



▼試合後コメント
マッチョ“ザ”バタフライ
「・・・・どんな時よ〜り すば〜らしい 赤い糸でむすば〜れてく♪」


2010年度新人王決定トーナメント1回戦 ウェルター級 2回戦

○クレイジーバーサーカー文平

判定 2−0

クレイジーバーサーカー文平 ロシアン鈴木
デビュー戦
日本
パラエストラ大阪
デビュー戦
日本
総合格闘技道場コブラ会
※19−19、20−19、20−19

▼計量結果&コメント
クレイジーバーサーカー文平 69.7Kg
「腹が減ったんで生肉が食いたい。明日、ロシアンの肉が食えると聞いたのでやってきました。明日は腹一杯食って暴れてやる」
ロシアン鈴木 70.0Kg
「僕はロシア人じゃありません。ただ単に肌が白く、ハーフ顔で力が強いという事でこの名前になってしまいました。練習はしっかりやってきました。自分のやる事も決まっています。あとはその成果をリングで出すだけです。応援してください、頑張ります」



▼試合後コメント
クレイジーバーサーカー文平
「ロシアンの肉は完食しました。でもまだ満たされない・・・おかわりがほしい。次も徳久選手という、おいしそうな獲物をパクッといただきます」


大会名称 インターナショナル修斗コミッション認定
プロフェッショナル修斗公式戦
BORDER -season 2-「波動」
日 時 2010年3月28日(日)
会 場 大阪・コミュニティプラザ平野(平野区民センター)
 ※これまでの平野区民ホールとは別会場
開 場 12:30
開 始 13:00
主 催 TKプロモーション+日本修斗協会
入場料
◇SRS席   ¥8,000
◇S席   ¥5,000
◇自由席   ¥4,000 (当日券のみ)

お問い合わせ 06-6708-5350
スケジュール一覧
BLOG
佐藤ルミナ
佐藤ルミナ
RUMINA SATO
UPDATE!! roots
桜井“マッハ”速人
HAYATO SAKURAI
UPDATE!! 総合格闘技 MACH 道場
MORE
SHOP
修斗オリジナルグッズ販売
HOME PAGE TOP
個人情報保護方針 利用規約/免責事項 お問い合せ窓口
修斗、及び修斗ロゴは登録商標です。無断で使用することは堅く禁じられております。無断で使用した場合は法的措置をとる場合がございます。
SITE MAP ENGLSH スケジュール イベント情報 リンク集