画面トップへ

松根良太が世界タイトル返上


 本日付けで世界フェザー級王者、松根良太選手(パレストラ松戸)が王座を返上したと、インターナショナル修斗コミッションから発表がありましたので、ご報告致します。
 松根選手は、負傷個所の回復具合から、防衛期限である来年3月までに防衛戦を消化出来ないことを理由に、今回の返上に踏み切った模様。
 今後、松根選手は来年5月頃を目処に調整を行っていくとのこと。
 松根選手の、1日も早い復帰に期待したい。


2005年12月15日
松根良太が世界タイトル返上

世界フェザー級チャンピオンの松根良太が2005年12月15日付けでタイトルを返上、ISC本局に浦田昇コミッショナーを訪ねベルトを変換した。

昨年より負傷箇所の治療に専念していたが、万全を期して5月頃に復帰戦を行うため、指名試合を消化出来ないことからタイトルを返上した。

修斗ガゼットより)


 
画面トップへ