画面トップへ

“THE ROOKIE TOURNAMENT 2004 FINAL”
K’zファクトリー主催
クリムゾンプレゼンツ
プロフェッショナル修斗公式戦

<<[大会情報へ戻る]

[第1〜4試合] [第5〜7試合]

第1試合 バンタム級2回戦
○ヒート・たけし(和術慧舟會千葉支部)55.8Kg
  判定3−0
×下川雄生(K’zファクトリー)55.9Kg
鈴木20−18、浦20−19、横山20−18
突進して組みついてくる下川に対し、ヒートは何度もフロントネックロックの体勢に捕らえる。
結局終始フロントネックロックで攻め立てたヒートがうれしいプロ初勝利。

第2試合 ライト級2回戦
△不死身夜天慶(シューティングジム横浜)64.9Kg
 ドロー0−1
△粕谷さかえ(K’zファクトリー)65.0Kg
鈴木19−19、横山19−19、菅野19−20
不死身夜が得意の打撃が攻める。
しかし1R終盤からパンチを当て始めた粕谷、2R中盤までペースを奪う。テイクダウンから強いパウンドを落とす。
2R終盤、不死身夜がパンチを当てて盛り返し、結局ドローに。

第3試合 ミドル級2回戦
前田健太郎(K’zファクトリー)75.9Kg
 中止 
枝折優士(PUREBRED大宮)75.6Kg
※枝折にドクターストップがかかり試合中止

第4試合 2004新人王決定トーナメント決勝 フライ級2回戦
×鶴見一生(和術慧舟會RJW)51.9Kg
  判定0−3
○竹内篤志(パレストラ函館)52.0Kg
鈴木20−19、浦20−19、横山20−17
※2004年フライ級新人王は竹内篤志に決定
身長差をものともせず、果敢に膝蹴りを狙う竹内。
2R、左ストレートでダウンを奪った竹内が新人王獲得。




画面トップへ