画面トップへ

11.12後楽園ホール大会
”WANNA SHOOTO 2004”

株式会社サステイン主催
インターナショナル修斗コミッション認定
クリムゾン・プレゼンツ プロフェッショナル修斗公式戦

世界フェザー級チャンピオンシップ!!
松根良太 vs. 今泉堅太郎


[対戦カード] >>
[大会情報] >>

[試合結果] >>


(2004.11.11 更新情報)
コメント&計量結果
王者・松根(右)「負ける要素はない。必ず勝ちます」


【第1試合】2004年新人王決定トーナメント決勝バンタム級2回戦
BJ(日本/AACC) 55.8Kg
「相手は関係なく全力でいきます」 
赤木敏倫(日本/格闘技道場コブラ会) 55.9Kg
「決勝なんでビックリするぐらい頑張ります」

【第2試合】2004年新人王決定トーナメント決勝ウェルター級2回戦
内村世己(日本/パレストラ東京) 69.2Kg
「初の後楽園なんで楽しみにしてます」 
遠藤雄介(日本/KWS) 69.7Kg
「KOか一本で優勝します」

【第3試合】2004年新人王決定トーナメント決勝ライト級2回戦
リオン武(日本/シューティングジム横浜) 64.8Kg
「KO勝ちします」
碓氷早矢手(日本/RJWセントラル) 65.0Kg
「新しい道場と仲間の為に頑張ります。再戦なんでどちらが成長してるか楽しみです」

【第4試合】バンタム級2回戦
大沢ケンジ(日本/WKSS) 59.9Kg
「バチバチで行きます」
小塚誠司(日本/PUREBRED大宮)59.4Kg
「盛り上げたいのでアグレッシブに行きます」

【第5試合】フェザー級2回戦
高橋大児(日本/秋本道場JUNGLEJUNCTION) 55.8Kg
「勝ちます」 
HIRO(日本/総合格闘技STF) 55.9Kg
「クラスBのトップ選手とやらせてもらえて光栄です。ガンバリます」

【第6試合】ウェルター級3回戦
山崎剛(日本/TEAM GRABAKA) 69.4Kg
「魅せて最後には僕が勝ちます」
ダニエル・シェアマン(ブラジル/ノヴァ・ウニオン) 69.8Kg
「ベストを尽くします」

【第7試合】ウェルター級3回戦
八隅孝平(日本/パレストラ東京) 69.9Kg
「ボコボコにしてやります」
ヤニ・ラックス(スウェーデン/チーム・スカンジナビア) 69.8Kg
「八隅を倒します」
                
【第8試合】ウェルター級3回戦
福本よう一(日本/和術慧舟會千葉支部) 70.3→70.1→70.0Kg
「この一戦は来年につながる大きな試合だと思います。勝って来年はトップグループを目指します」
ジャスティン・ブルックマン(カナダ/シャオ・フランコ)70.7→70.3→70.0Kg
「格闘技を始めた時から日本で戦うことが夢でした。私と福本の実力に差はないと思います。明日はお客さんが忘れられないような試合をします」

【セミファイナル】ウェルター級3回戦
杉江“アマゾン”大輔(日本/ALIVE) 70.0Kg
「とりあえず良い試合をします」
石田光洋(日本/Team TOPS) 69.4Kg
「頑張ります」 

【メイン・イベント】世界フェザー級チャンピオンシップ フェザー級3回戦
チャンピオン
松根良太(日本/パレストラ松戸) 60.0Kg
「格闘技を始めて7年。この日の為に練習してきました。負ける要素はない。必ず勝ちます」
挑戦者  
今泉堅太郎(日本/SKアブソリュート) 60.0Kg
「精一杯頑張ります」


(2004.11.10 更新情報)
ジャスティン・ブルックマン来日!!

ジャスティン・ブルックマン
「日本で試合が出来ることを光栄に思っています。早く福本と試合がしたい。試合まで待ち切れないよ。」


(2004.11.9 更新情報)
ダニーロ・シェアマン、ヤニ・ラックス来日!!

ダニーロ・シェアマン(右)
「修斗は世界でNo.1の軽量級の競技なので、チャンスを与えてくれた修斗の皆さんに感謝しています。山崎は素晴らしい選手だというのはわかっていますが、この試合の為に一生懸命トレーニングをつんできましたのでベストを尽くします」

ノヴァウニオン代表 アンドレ・ペデネイラス(左)
「山崎はダニーロより経験もあるのでハードな試合になるだろう。しかし、私は彼に日本での修斗デビュー戦に備えハードトレーニングを課してきました。きっと素晴らしい試合になるでしょう。」


ヤニ・ラックス
「WANNA SHOOTOのリングに再び戻ってこれて嬉しく思います。八隅を倒す為の準備は充分やってきました。今回は自分の適正ウェイトですし、良い試合を期待して下さい。」


(2004.10.23 更新情報)
朴光哲−アーロン・ライリー戦中止のお詫び

 11月12日(金)“WANNA SHOOTO 2004”後楽園大会で行われる予定でした朴光哲(PUREBRED東京)対アーロン・ライリー(アメリカン・トップ・チーム)のウェルター級3回戦は、両選手負傷のため中止とさせていただきます。
 両選手の負傷箇所ですが朴光哲は右手人差し指の肉がえぐれた状態にあり全治4週間と診断されております。アーロン・ライリー選手は練習中に背中を負傷し試合を行う状況にないとの報告がアメリカン・トップ・チームよりありました。詳しい病名などは現在調査中ですので分かり次第発表させて頂きます。
 試合を楽しみにして下さっていたファンの皆様、並びに関係者の皆様に深くお詫び申し上げますとともに、何卒御理解下さいますようお願い申し上げます。

                                株式会社サステイン
                                  代表 坂本一弘

(2004.10.23 更新情報)
クラスB 4試合追加
高橋大児 vs HIRO
小塚誠司 vs 大沢ケンジ
リオン武 vs 碓氷早矢手
BJ vs 赤木敏倫


(2004.10.7 更新情報)
ダニーロ・シェアマン、山崎剛のプロフィールをアップ。


(2004.10.6 更新情報)
追加カード
アメリカン・トップ・チームからアーロン・ライリー(アメリカス2位)来日決定!!環太平洋王座決定トーナメント決勝を控えた朴光哲(環太平洋5位)と激突!
10. 3スウェーデン大会で勝利をおさめたヤニ・ラックス(欧州2位)が2年ぶりに“WANNA SHOOTO”に参戦


(2004.9.27 更新情報)
世界フェザー級チャンピオンシップ
世界王者 松根良太  VS  今泉堅太郎 同級世界1位

遂に因縁の対決に終止符を打つか!?過去2度の対戦は両者1勝1敗の五分。世界王座をかけて3度目の対戦。

[両者の過去の対戦]
2001年6月14日 東京・北沢タウンホール
フェザー級2回戦
○今泉堅太郎(判定3−0)松根良太×

2003年5月4日 東京・後楽園ホール
フェザー級サバイバー・トーナメント決勝戦3回戦
○松根良太(判定2−0)今泉堅太郎×
2003年5月4日サバイバートーナメント決勝


[▲ページTOP]
株式会社サステイン主催
インターナショナル修斗コミッション認定
クリムゾン・プレゼンツ プロフェッショナル修斗公式戦
「WANNA SHOOTO 2004」

【日時】2004年11月12日(金)
【会場】後楽園ホール
【開場】17:00
【開始】18:00
【主催】株式会社サステイン
【協力】日本修斗協会・USA修斗協会・AUS修斗・NTL修斗・J-SPORTS
【チケット発売日】9月26日
【問い合わせ】株式会社サステイン Tel.03-5725-7338

[チケット料金]※大会当日は全席種500円増しとさせて頂きます
RS席¥10,000 (当日は¥10,500)
SS席¥8,000 (当日は¥8,500)
S席¥6,000 (当日は¥6,500)
A席¥5,000 (当日は¥5,500)
B席¥3,000 (当日は¥3,500)

[前売りチケット発売所]
チケットぴあ 03-5237-9999
ローソンチケット03-5537-9999
CNプレイガイド03-5802-9999
書泉ブックマート03-3294-0011
フィットネスショップ水道橋店03-3265-4646
後楽園ホール03-5800-9999
東京イサミ03-3352-4083
チケット&トラベルT−103-5275-2778
ボディーメーカー池袋店03-5911-6543
ボディーメーカー横浜店045-628-4355
KEEL CAFE03-5725-7338
e-tickethttp://www.e-ticket.net/


■放送スケジュール
第1回放送 11月16日(火)20:00〜   JSPORTS 3

■リピート放送
11月18日(木)26:00〜   JSPORTS 3
11月19日(金)22:00〜   JSPORTS 3
11月23日(火)26:00〜   JSPORTS 2
11月25日(木)07:00〜   JSPORTS 2
11月26日(火)15:00〜   JSPORTS 2
11月28日(火)05:00〜   JSPORTS 2




画面トップへ