画面トップへ

サステイン&TKプロモーション共催第2弾

10.17大阪大会情報!!

株式会社サステイン&TKプロモーション主催
インターナショナル修斗コミッション認定
クリムゾン・プレゼンツ プロフェッショナル修斗公式戦

マーシャルアーツ日本キックボクシング連盟認定
KAKUMEIプロキックボクシング公式戦

[▼対戦カード] [▼大会情報]

(2004年10月16日更新情報)
明日に決戦を控えた大阪大会の計量結果&コメント

クリムゾン・プレゼンツ プロフェッショナル修斗公式戦
[計量日時]2004年10月16日 14:00〜17:00
[計量場所]シューティングジム大阪

メインイベント ウェルター級3回戦
冨樫健一郎 (日本/パレストラ広島)69.2Kg
「KOか一本で勝ちます」
中蔵隆志(日本/シューティングジム大阪)70.3Kg→70.0Kg
「新必殺技で“三途の河”をみせてやります」

セミファイナル フェザー級3回戦
外薗晶敏(同級世界5位/日本格闘技道場コブラ会) 59.5Kg
「初めての外国人選手なんで倒します」
ダニエル・リマ(オーストラリア/ファイブ・リングス・ドージョー)59.9Kg
「松根戦は非常にハードな試合でした。でも再び勝つ為に日本に戻ってきました」

第6試合 ミドル級2回戦
ゴンズイ(日本/シューティングジム神戸)75.8Kg
「一生懸命やるだけです」
原弘文(日本/TEAM JUNFAN)75.7Kg
「勝ちたいな〜」

第5試合 2004年新人王決定トーナメント準決勝 ライト級準決勝
藤岡正義 (日本/シューティングジム大阪)65.0Kg
「新必殺技を使います」
碓氷早矢手(日本/RJW)64.9Kg
「道場のみんなの為に闘います」

第4試合 2004年新人王決定トーナメント準決勝 バンタム級準決勝
赤木敏倫(日本/格闘技道場コブラ会)55.6Kg
「凄く頑張ります」
岡田剛史(日本/TRANK KEIRAS)55。8Kg
「良い試合ができるようにします」

第3試合 55Kg契約2回戦
春崎武裕(日本/直心会格闘技道場)55.0Kg
「明日は弟に試合やらせます」
桜番長(日本/PUREBRED京都)54.9Kg
「デビュー戦なのでキッチリ勝ちたいです」

第2試合 ウェルター級2回戦
尾松賢(日本/パレストラ大阪)70.2→70.0Kg
「頑張ります」
美木航(日本/RJW)70.1→70.0Kg
「早く初日が出るように頑張ります」

第1試合 ライトヘビー級2回戦
本能寺黒丸 (日本/PUREBRED京都) 81.8Kg
「力を出しきれるように頑張ります」
余膳正志(日本/シューティングジム大阪)81.7Kg
「負けないようにがんばります」


(2004年10月12日更新情報)
全行程更新。第2部MAキックボクシング公式戦の対戦カードをアップ。

(2004年10月11日更新情報)
「修心道」演武
第2代ミドル級王者・石川義将が地元大阪で主宰する武道「修心道」の少年部が10.17大阪大会で演武を行います!

14時から開始する修斗公式戦終了後に修心道・少年部の演武を行います。
尚、演武終了後、第2部キックの大会に移ります。

修心道HP  http://www.h5.dion.ne.jp/~syudou/


(2004年9月26日更新情報)
カード変更。追加カード発表!
 6.29千葉大会でフェザー級世界王者・松根を苦しめたダニエル・リマが再び来日。
 怪我で欠場のジェレミーボルトに替わりコブラ会・外薗と対戦!2003年全日本アマチュア修斗優勝者が2名デビュー。

 セミファイナルに出場を予定しておりましたジェレミー・ボルト選手が怪我で試合を行うことが出来なくなりました。ジェレミー・ボルト選手の試合を楽しみにしてくださっていたファンの皆様と関係者の方々には深くお詫び致します。
                               (株)サステイン

環太平洋10位
ダニエル・リマ DANIEL LIMA
身長:160cm
所属:ファイブ・リングス・ドジョー
戦績:2戦1勝1敗
2004.5.20 ○(1R 腕十字)ジェイミー・バラード
     6.29 ×(判定0−3)松根良太

桜 番長
本名:山口譲司
所属:PUREBRED京都
身長:160cm
出身地:京都府
構え:サウスポー
アマ修斗戦績:2003年全日本選手権フライ級優勝

本能寺 黒丸
本名:島川伸之
所属:PUREBRED京都
身長:176cm
出身地:京都府
構え:オーソドックス
アマ修斗戦績:2003年全日本選手権クルーザー級優勝

余膳正志
所属:シューティングジム大阪
身長181cm
出身地:大阪府
構え:サウスポー
アマ修斗戦績:2003年全日本選手権ライトヘビー級準優勝
       2004年中部選手権フライ級優勝


(2004年8月27日更新情報)
コブラ会・外薗晶敏出場!!
外薗 晶敏
所  属:格闘サークルコブラ会
身  長:167cm
階  級:フェザー級
構  え:オーソドックス
プロ修斗戦績:5戦4勝1分
2002・ 2・11 △(2R判定 0−1)木部 亮
2003・ 3・30 ○(2R判定 3−0)木部 亮
      7・13 ○(1R3分7秒 TKO)喜多 浩樹
     11・25 ○(2R判定 3−0)三上洋平
2004・ 4・16 ○(1R1分五秒 スリーパー・ホールド)大沢健治

クラスC戦績:2001年 全日本アマチュア修斗選手権 フェザー級 優勝



(2004年8月17日更新情報)
追加カード:冨樫健一郎 vs. 中蔵隆志

[▲ページTOP]

【日時】2004年10月17日(日)
【場所】大阪府立体育館第2競技場
【開場】13時
【開始】第1部修斗公式戦/14時  第2部 キック公式戦/17時
【主催】株式会社サステイン・TKプロモーション
【協力】日本修斗協会・USA修斗協会・AUS修斗・NTL修斗
KAKUMEIプロジェクト
【チケット発売日】8月13日(金)
【問い合わせ】株式会社サステイン  03−5725−7338
 TKプロモーション  06−6700−6911

※キックは17時スタート。当日はチケット1枚で修斗とキックの両方の観戦が可能です。
 キックの情報に関しましては直心格闘技道場まで。
 
http://www.chokushinkai.com/

[チケット料金]
RS席¥8,000
S席¥5,000
A席¥4,000

【チケット発売所】
チケットぴあ06−6363―9999
シューティングジム大阪06−6390−5010
シューティングジム神戸078−332−6615
リング魂078−333−6690
KEEL CAFE03−5725−7338
e-tickethttp://www.e-ticket.net/
ファミリーマートPコード 805−849


■放送スケジュール
サムライTVでOA
第1回放送
11月 2日(火)22:00〜24:00

■リピート放送
11月 3日(水)25:00〜27:00
11月 4日(木)13:00〜15:00
11月10日(水)10:00〜12:00
11月13日(土)15:00〜17:00



[▲ページTOP]
◎第1部
インターナショナル修斗コミッション認定
クリムゾン・プレゼンツ プロフェッショナル修斗公式戦


【対戦カード】
メインイベント
ウェルター級3回戦
冨樫健一郎 vs. 中蔵隆志
(日本/パレストラ広島) (日本/シューティングジム大阪)
セミファイナル
フェザー級3回戦
同級世界5位 環太平洋10位
外薗晶敏 vs. ダニエル・リマ
(日本/格闘技道場コブラ会) (オーストラリア/ファイブ・リングス・ドージョー)
第6試合
ミドル級2回戦
ゴンズイ vs. 原 弘文  
(日本/シューティングジム神戸) (日本/TEAM JUNFAN)
第5試合
2004年新人王決定トーナメント準決勝 ライト級2回戦
  藤岡正義 vs. 碓氷早矢手  
(日本/シューティングジム大阪) (日本/RJW)
第4試合
2004年新人王決定トーナメント準決勝 バンタム級2回戦
  赤木敏倫 vs. 岡田剛史  
(日本/格闘技道場コブラ会) (TRANK KEIRAS)
第3試合
55Kg契約2回戦
  春崎武裕 vs. 桜 番長
(日本/直心会格闘技道場) (日本/PUREBRED京都)
第2試合
ウェルター級2回戦
  尾松 賢 vs. 美木 航  
(パレストラ大阪) (RJW)
第1試合
ライトヘビー級2回戦
本能寺黒丸 vs. 余膳正志
(日本/PUREBRED京都) (日本/シューティングジム大阪)
 

『修心道・少年部による演武』
※演武終了後2部に移ります
 
◎第2部
MAキックボクシング公式戦

KAKUMEI showdown battle? 〜完全決着第2章〜
第1試合 フェザー級3回戦
(ナゴヤファイトクラブ)朝日隆二 VS  臼井剛(直心会)
 
第2試合 ウェルター級3回戦
(川田)木村龍鳳 VS  上岡克仁(多田)
 
第3試合 ウェルター級3回戦
(魯山館)高儀武 VS  上田拳二(正拳会館)
 
第4試合 ウェルター級ショーダウンマッチ
(直心会)中村体育 VS  メリケン雄人(川田)
 
第5試合 フライ級次期挑戦者決定戦ショーダウンマッチ(51kg契約)
(日本フライ級3位/土浦)小暮正祥 VS  飛燕野嶋(日本フライ級5位/川田)
 
第6試合 54kg契約ショーダウンマッチ
(日本バンタム級4位/直心会)真方大輔 VS  佐藤英二(日本バンタム級7位/マイウェイ)
 
第7試合 バンタム級ショーダウンマッチ
(日本バンタム級2位/川田)山本ノボル VS  チバケイジ。(日本バンタム級5位/直心会)


画面トップへ