画面トップへ

プロフェッショナル修斗公式戦 スイス大会

日時:2004年9月4日(土) 
場所:チューリッヒ

【第1試合】フェザー級
○バリッシュ・バラク(フロタ・チーム)
一本 1R2分1秒
×アントニー・マスト(カラテ)
※スリーパー・ホールド 

【第2試合】ウェルター級
○オラヴォ・ベロ(ニューネーション・ブラジリアン柔術)
2R 判定
×ダビット・モシマン(ファイトジム・マーラウ)

【第3試合】ウェルター級
○フィリップ・エネモト(フロタ・チーム)
一本 1R20秒
×ジェイソン・ミクリン(ブラジリアン柔術・チームバーゼル)
※フロント・スリーパー

【第4試合】ライトヘビー級
○ネイビル・ザーリ(ヴェロソ・チーム)
TKO 1R38秒
×フレドロス・ジャーグ

【第5試合】ライト級
○アンデウソン・ペレイラ
一本 
×ネイビル・G(サカテ)
※フロント・スリーパー

【第6試合】
○ギセペ・カツォグノ(フロタ・チーム)
一本 1R
×ミッシェリ・マローネ(ノヴァ・ウニオン・イタリア)
※スリーパー・ホールド

【第7試合】
○ラドワン・カリム(ガマ・スイッツランド)
一本 1R
×モハメド・マホウチ(タツジン道場)
※スリーパー・ホールド

【第8試合】ウェルター級
○トム・ニイニマキ(チーム・スカンジナビア)
一本 1R
×カーロス・カラスコ(ノヴァ・ウニオン・イタリア)
※スリーパー・ホールド 

【第9試合】
○エジソン・ドラゴ(ブラジリアン・トップチーム)
判定 
×ホセ・ポンボ(シュート・スペイン) 

【第10試合】ウェルター級
○ マルセーロ・ボカオン(ブラジリアン・トップチーム)
判定 
×パトリック・ラファエル(タツジン道場)

【第11試合】ミドル級
○ラフロス・ラロス(タツジン道場)
一本 1R
×イヴァン・ディアス(シュート・スペイン)
※ 腕ひしぎ十字固め

【第12試合】ライトヘビー級
○ヤツ・エネモト(フロタ・チーム)
判定
×ステファノ・メネゲル(ノヴァ・ウニオン・イタリア)

【第13試合】ライトヘビー級
○ブラム・ファン・コッペン(タツジン道場)
判定
×イヴァン・ムサルド(フロタ・チーム)

【第14試合】ミドル級
○ホアン・ジュカオン(ブラジリアン・トップチーム)
一本 1R
×ポール・ジェンキンス(UCチーム)
※ スリーパー・ホールド

【第15試合】ウェルター級
○ジェシアス・カバウカンチ(アメリカン・トップチーム)
一本 1R1分32秒
×セバスチャン・コルスキルゲン(OCファイトチーム・ジャーマニー)
※アームロック


 
画面トップへ