画面トップへ
 

2004年3月22日(月) 東京・後楽園ホール

2004年3月22日(月)後楽園ホール 
株式会社サステイン主催
インターナショナル修斗コミッション認定
クリムゾン・プレゼンツ プロフェッショナル修斗公式戦
開場/17:00  開始/18:00

【川尻達也vs宇野薫 決定】

 3月22日のメインイベントで、川尻達也vs宇野薫のウェルター級3回戦が決定しました。

 昨年12月のNK大会で雷暗暴選手をKOした川尻選手。これで次期世界王座挑戦者の最右翼に付けたと思いきや、その直後に修斗復帰の挨拶に立った宇野選手が「王者と戦いたい」と発言したのは皆さんご存じの通り。
 この次期挑戦者を巡る争いは、二人の直接対決により決することとなりました。
 現在ランキングで日本人最上位に付ける川尻選手か。自らベルトを手放した元王者の宇野選手か。奇しくも誕生日が同じで丸3歳違いの二人が雌雄を決します。
 この試合の勝者は新王者ビトー“シャオリン”ヒベイロ選手との対戦に大きく歩を進めることになるでしょう。最高の日本人対決による“次期挑戦者決定戦”にご注目下さい。

「勝てると信じて、くたくたになるまで練習します。
 期待してください」

■川尻達也(かわじり・たつや)
チームTOPS(トップス)所属
1978年5月8日生 25歳
茨城県稲敷郡出身・在住
10勝(4KO・4S)2敗1分
ウェルター級世界2位・環太平洋1位

「3月22日、ベストの体調でリングに立つだけです」

■宇野 薫(うの・かおる)
和術慧舟會所属
1975年5月8日生 28歳
神奈川県横須賀市出身・在住
8勝(1KO・5S)2敗1分
元ウェルター級王者(第4代)

【ジェンス・パルバー、植松直哉と対戦決定】

 1月の後楽園大会で発表されたジェンス・パルバー選手の相手が、植松直哉選手に決定しました。

 パルバー選手はUFCの初代ライト級(155ポンド 約70.2kg)王者。01年に宇野薫選手を下して王座に就いた後には、修斗で来日経験もあるデニス・ホールマン選手を下しています。02年1月に柔術世界王者でもあるBJペン選手を下して以降、UFCから戦場を移し、02年8月にはUFOレジェンドで初来日、村浜天晴選手の実弟で最近はK-1ワールドMAXで活躍する村浜武洋選手を下しています。
 修斗ではほぼウェルター級に当たる70.2kgから、昨年より65kgへ階級を移しており、軽量級の本場・修斗で一気にトップランク入りを狙います。
 ますます混沌としてきたライト級戦線を大きく左右する一戦にご期待下さい。

【決定カード】

メインイベント ウェルター級3回戦

(TEAM TOPS/同級世界2位)川尻達也  VS  宇野薫 (和術慧舟会/第3代ウェルター級王者)

セミファイナル ライト級3回戦

(K’zファクトリー/同級世界5位)植松直哉  VS  ジェンス・パルバー(チーム・エクストリーム)

第4試合 ライト級2回戦

(格闘結社田中塾)田村彰敏  VS  村山英慈(シューティングジム八景)

エキジビション・マッチ

(シューティングジム横浜/初代世界バンタム級王者)マモル   VS   松根良太(パレストラ松戸/第3代世界フェザー級王者)

第3試合 ミドル級2回戦

(TEAM TOPS)岩瀬茂俊  VS  堂垣善史(パレストラ加古川)

第2試合 新人王決定トーナメント1回戦・バンタム級2回戦

(和術慧舟會千葉支部)ヒート・たけし  VS  BJ(AACC)

第1試合 68kg契約2回戦

(パレストラ東京)鈴木洋平  VS  リオン武(シューティングジム横浜)

【チケット】

SRS席 ¥15,000 →残りわずか
RS席  ¥10,000→残りわずか
S席    ¥8,000→残りわずか
A席 ¥7,000→完売
B席 ¥5,000→完売
※おかげさまでA・B席共に完売致しました。誠にありがとうございます。

【前売りチケット発売中】

eチケット

キールカフェ

03-5725-7338

チケットぴあ

03-5237-9999

ローソンチケット

03-5537-9999

CNプレイガイド

03-5802-9999

書泉ブックマート

03-3294-0011

フィットネスショップ水道橋

03-3265-4646

後楽園ホール

03-5800-9999

東京イサミ

03-3352-4083

チケット&トラベル T−1

03-5275-2778

ボディーメーカー池袋店

03-5911-6543

ボディーメーカー横浜店

045-628-4355

画面トップへ